ウインドシールドをハーレーに装着して雨と風のダメージを軽減

愛車のハーレーをカスタムでかっこよくして、ワンランク上のハーレーオーナーを目指しましょう

ウインドシールドをハーレーに装着して雨と風のダメージを軽減

ハーレー

ハーレーはあまりスピードを出さず、ゆったり運転するのが本来のスタイルです。エンジンの鼓動を楽しむのが目的であり、高速走行よりも低速走行向けに作られています。ただ制限速度の範囲内で走行していても、雨や風の影響を受けるのは間違いありません。横風があると車体が振られることがあるので、風速が強いときの運転には注意してください。
前からの風に関してはバイクの宿命であり、完全に抑えることはできません。たとえ風速がゼロであっても、走行することで風を受ける仕組みになっています。

バイクで走行をしているときに雨が降ると、必然的に横殴りの雨になってしまうのです。そのダメージを抑えるためにはウインドシールドが役立ち、顔やボディが濡れるのを防いでくれます。

ヘルメットのシールドが濡れると視界不良を引き起こすので、ウインドシールドで抑えていくのが好ましいです。
走行風を防ぐこともできるので、運転による疲労感を大幅に軽減できるでしょう。

ツーリングなどで長距離・長時間走行をするときは、いかに疲労を抑えるかが鍵になります。過度の疲労はストレスの原因になり、運転操作のミスにつながるので注意してください。ハーレーにはウインドシールドが常備されているタイプがありますが、安価なタイプだと装備していません。ツーリングをよくされる方は、後付けでウインドシールドを装着するのが好ましいです。雨や風のダメージを抑えられるだけでなく、疲労の予防や視界不良の改善などにも貢献します。