ハーレーのカスタムをしたら注油も一緒にしよう

愛車のハーレーをカスタムでかっこよくして、ワンランク上のハーレーオーナーを目指しましょう

カスタムをしたら注油も一緒にしよう

ハーレー

ハーレーには、数多くのカスタムパーツが出回っており、カスタムはハーレーに乗る楽しみ方の1つでもあります。今回は、カスタムを行ったら是非一緒に行って頂きたいメンテナンス「注油」の重要性について説明していきます。

ハーレーに限らず、原動機が付いた乗り物の多くは、金属で出来ています。金属は、その性質から丈夫な反面、摩擦抵抗も大きい物質です。この為、駆動部分には注油が欠かせません。

駆動部分には、大きく分けて「サスペンション」「エンジン」「スプロケット」の3つがあります。この部分は、常に金属と金属が擦れ合う部分なので、こまめな注油が必要になります。

特にスプロケット周りのチェーンなどは、走行中にゴミも詰まりやすいため、グリスアップと同時にチェーンクリーナーなどの機械で清掃も行うとスムーズに動作でき燃費の向上も期待できます。

エンジンは、オイルの汚れをこまめに確認し一定の走行距離若しくは期間でオイル交換を行うとエンジントラブルも回避出来ます。サスペンションのオイル交換は、走行性能に関わるので、10000km毎、または2年に一度交換した方が良いでしょう。