ハーレーのカスタムをするならマフラー交換がおすすめ

マフラー

ハーレーダビッドソンのバイクをせっかく購入したのであれば次のステップとして自分好みにアレンジすることを検討してみてはいかがでしょうか。

カスタムの方法としてまず多くの方が思い浮かべるのが、そのボディのカラーを変えてみたりハンドルなどの見えやすいパーツを変えることでしょうが、その他にもカスタムをすることで大きく印象を変えることのできる部分があります。

ハーレー マフラー

マフラーは、ハーレーダビッドソンの特徴ともいえる重厚なエンジン音を響かせるうえで重要なパーツです。マフラー交換を行うことでエンジン音の聞こえ方や大きさを自由に変更することができるので、自分好みのサウンドを響かせながらツーリングをすることができるようになります。

ハーレーダビッドソンのバイクは見た目にも大きなインパクトがありますが、そのエンジン音も車の雰囲気を決めるうえで大きな要素となりますので、マフラー交換をカスタムの出発点としてみることをおすすめします。

走行風を整流するカウルを換装したハーレーのカスタム

ハーレー

大型バイクのハーレーを改造していく事で、バイク乗りに適したバイクへと変貌する事が可能になります。カウルは、走行時に発生する風を整流する為に取り付けるパーツであり、エンジンや車体を覆う形で取り付けていきます。

このような部分もカスタマイズしていく事で、ハーレーの魅力を高める事が出来るようになります。カスタムパーツを選ぶ際には、ショップのスタッフに相談しながら、適切な物を選んでいくのが良いでしょう。

カウルには、色々なバージョンの物がありますので、デザイン性や機能性を高める為に導入する事でファッショナブルにする事が可能です。走行風を整流する事で空気抵抗を抑制する事ができ、快適な走行を実現出来るようになります。

ハーレーは迫力のある音とハードなフォルムのバランスが取れている大型バイクですので、他のバイクと比較しても魅力が多く、カスタマイズをしていく事によって、ライダーの好みの走りを実現していく事が出来ます。

オリジナルデザインを実現する為のハーレーカスタム

ハーレー

バイクの多くは、発売されているデザインや機能をほぼそのまま使い続ける事になりますが、ハーレーの場合、長年愛用している人々が多く、カスタムパーツを製作している企業も多いですので、ハーレー用のカスタムパーツが多数発売されています。

その為、オリジナルデザインを実現する為には、これらのカスタムパーツを最大限に活用していく事で実現出来ます。

カスタマイズに使えるパーツは、エンジンやホイールやライトなど多岐にわたっており、それぞれ個性的なデザインになっていたり、標準装備品よりも高性能化されたりしています。

オリジナルデザインを目指す為には、パーツをオーダーするといった方法も効果的です。パーツをオーダーする事によって、市販されていないデザインにしたり、機能性を持たせたりといった事も実現出来るようになります。

オーダーによるパーツの製造では、既成品をベースに加工を行っていくケースが多く、個性的なパーツの開発は海外の企業が中心となっています。